瀬戸内海のタコを使って作る多幸のみ焼きは、コロコロに切ったタコとたくさんの野菜をトロ〜リやわらかめの生地にはさんで焼く広島風ミニお好み焼きです。生地は瀬戸内産小魚とカツオ節の出汁で溶いており、タコにも生地にも瀬戸内海の温かい旨味がびっしりと詰まっているのが自慢です。

広島県尾道市の瀬戸内海に浮かぶ人口八千人程の島で、尾道からは3つの橋を渡って来て頂くことができます。本州と四国の間に浮かぶ生口島(いくちじま)から望む景色はまさに絶景! 又、柑橘と海の幸にも恵まれ、レモンの生産量は日本一を誇ります。

 
トロ〜リやわらかめの生地
にプリプリのタコが絶妙に
コラボ♪